MT美肌研究所がお届けするオンラインマガジン

たるみ治療とホームケア

たるみの原因とは?

出典:https://www.shutterstock.com

顔の中では、頬や目元、フェイスラインがたるみやすい3大部位とされています。これらの部位がたるむ理由は主に2つ。1つは、弾力を維持するコラーゲンやエラスチンが皮膚を支えきれなくなること、そしてもう1つは、顔の筋力が低下することが考えられます。

これらの理由について、もう少し詳しく見ていきましょう。

まず、1つめの理由ですが、肌のハリは皮膚の真皮中層にあるコラーゲンやエラスチンによって維持され、頬の形などを保っています。しかし、紫外線などによって真皮中層がダメージを負うと、コラーゲンやエラスチンにも負荷がかかり、皮膚を十分に支えることができず、たるんでしまいます。

そして、顔の筋力低下についてですが、これは加齢が一番の理由です。しかし、表情が乏しい方とそうでない方の違いによるところも大きいため、若くても表情筋の筋力低下がみられる場合もあります。


美容医療ってどんなものがある?

出典:https://www.shutterstock.com

顔のたるみ対策に即効性を求めるのであれば、医療の力に頼る方法があります。

HIFU(ハイフ)

20代~30代に人気の高いリフトアップ施術です。高密度の超音波エネルギーを使って、皮下組織のゆるみにアプローチします。顔全体のみならず、目元や口元といったパーツごとの施術が可能です。ダウンタイムも1時間以内と少なく、時間をかけずに行うことができます。

糸リフト

医療用の極細の糸を使用して、皮下組織を引き締めます。大がかりな手術を必要としないことから、若い世代にも人気が高く、部分的な施術も可能です。溶けない糸と溶ける糸がありますが、美容クリニックで相談して、ご自身に合ったものを選択しましょう。糸そのものの牽引作用と、糸の挿入による刺激で起こるコラーゲンの生成等によってたるみにアプローチします。

イデバエ

注射による、速効性が期待できる施術です。強力な抗酸化作用を持つイデベノンや、DMAE(ジメチルエタノールアミン)で構成された薬剤を注入します。イデベノンには活性酸素を取り除いてダメージを修復する役割があります。また、DMAEには筋肉の収縮能力をサポートする働きがあり、これらがシワやたるみの改善を助けます。

知っておきたいHIFUの副作用

HIFUは従来のフェイスリフト手術に比べて肌負担の少ない治療ですが、副作用のリスクもゼロではありません。
実際にHIFUの施術後に報告されている副作用をご紹介します。

・赤みや腫れ、むくみ
施術後に肌に少しの赤みやほてり、腫れが出ることもあります。また施術直後に顔のむくみを感じる方もいますが、時間とともに落ち着いていく場合が多いです。

・神経損傷
HIFUは高密度のエネルギーを使用するため、照射する箇所や照射パワーの調整ミスによって神経を傷つけてしまう場合があります。ただし多くの場合は数ヶ月で回復します。

このような副作用が心配な方は、専門的な知識を持つ医療従事者が施術を行う医療ハイフを選ぶことで、万が一副作用が発生した場合も適切な対処をしてもらえるため安心です。

たるみに対してのホームケア

顔のたるみに対して、自分でできるケアももちろんあります。口まわりをマッサージしたり、コラーゲンやエラスチンが含まれたスキンケアで毎日のお手入れをするのもおすすめです。

ここからは、ゆらぎがちな肌を鎮静するMTメタトロン センシティブケアラインとまるで“塗るハイフのような美容液“MT エッセンシャル・セラムをご紹介します。

鎮静のホームケア|センシティブケアラインの紹介

肌荒れを防ぎ、たっぷりの潤いで角質層を満たす「センシティブケアライン」。敏感な肌も健やかに守り、バリア機能をサポートします。紫外線や摩擦、乾燥などの外的刺激にもゆらぎにくくなるため、美容施術後のダウンタイム中に行うホームケアにも適しています。

継続のホームケア|エッセンシャルセラムの紹介

MT エッセンシャル・セラムには、イデバエに用いられるDMAEなどの成分をシリーズ最高濃度で配合し、ハリの失われやすいフェイスラインやまぶた、ほうれい線まわりなどを引き締めます。MTメタトロンの象徴とも言えるハリケア美容液を、ぜひお試しください。

facebook
line
twitter

No image

  • シミ取りレーザー治療後の鎮静ケアについて
    シミ取りレーザー治療後の鎮静ケアについて

    「シミ取りレーザー治療後のケアで注意すべきことはある?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。レーザー治療後に理想の肌へ近づくには、適切な鎮静ケアが鍵となります。レーザー治療後の肌状態や鎮静ケアのポイントについて詳しく解説します。

  • 美肌のキモはクレンジング&洗顔。コツを紹介!
    美肌のキモはクレンジング&洗顔。コツを紹介!

    クレンジングと洗顔の違いをご紹介するほか、クレンジングならびに洗顔のコツをご紹介、おすすめのクレンジングジェルについてもご紹介します。

  • 実年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは?
    実年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは?

    同じ年齢の人でも、若く見える人がいれば、逆に老けて見える人もいますよね。その違いはどこにあるのでしょうか。ここでは、若く見える人・老けて見える人のそれぞれの特徴を解説。老け顔になる原因や対策をご紹介していきます。

  • 年齢は首に出る?首ケアで気を付けたい2つのポイント
    年齢は首に出る?首ケアで気を付けたい2つのポイント

    肌年齢がもっとも如実に出るやすいとされている首について、なぜ首に年齢が出やすいのかの理由と正しいケアの方法を解説します。

  • たるんでしまったフェイスライン…二重あごを解消したい
    たるんでしまったフェイスライン…二重あごを解消したい

    二重あごは解消できるのでしょうか。もし解消できるのであれば、方法を知りたいですよね。今回は、二重あごになってしまう主な4つの原因と、解消するためのエクササイズ、おすすめの美容液をご紹介します。原因を知り対策をして、二重あごを解消しましょう。

  • 生理周期に合わせた労わるケア
    生理周期に合わせた労わるケア

    女性は、生理周期によって体の調子が変わりやすいだけでなく、肌コンディションにも影響が起きることが多いですよね。ここでは、生理周期と肌状態の関係や、生理周期に合わせたスキンケアのポイントをご紹介していきます。

  • 春前にありがちな肌トラブルに注意! 季節の変わり目におすすめスキンケア
    春前にありがちな肌トラブルに注意! 季節の変わり目におすすめスキンケア

    冬から春に変わる季節の境目に現れがちな肌トラブルの理由を解説するとともに、肌トラブル対策に有効なスキンケアを紹介します。

  •  見えないから油断してない?鼻周りの黒ずみ・毛穴ケア
    見えないから油断してない?鼻周りの黒ずみ・毛穴ケア

    お手入れを忘れがちな鼻周りの黒ずみ・毛穴ケア。放っておくと毛穴の開きや肌のくすみに繋がります。 本記事では、鼻周りの黒ずみが生じる原因や対策を詳しく解説します。今日から試すことのできる方法ばかりなので、ぜひ実践してみてください。

  • うっかり紫外線を浴びてしまった時のアフターケア
    うっかり紫外線を浴びてしまった時のアフターケア

    うっかり紫外線を浴びてしまった!という時、そのあとのケアが大切です。まず冷やすこと、そして保湿を十分にしてアフターケアをしましょう。具体的な方法をご紹介します。

  • 保湿力が高まる栄養素と食品について
    保湿力が高まる栄養素と食品について

    保湿力が高まる食品をご存じでしょうか。肌を保湿するために、化粧水などの外側からのケアと一緒に、内側のケアにも注目してみましょう。乾燥肌を改善し、潤いのある肌にするために必要な栄養素と食品をご紹介します。