美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

紫外線の肌への影響とは? 普段からできる紫外線対策を紹介

美容に関心の高い女性の間では、紫外線は美の大敵という印象を抱いている方は少なくありません。

しかし、実際に紫外線対策を行っている女性の中でも、紫外線に具体的にどういった種類のものがあり、それぞれがどう肌へ影響を及ぼしているのかを知っている方は決して多いとは言えないのが現状です。

本記事では、紫外線をUVA波・UVB波・UVC波にわけて解説するとともに、普段からできる紫外線対策をご紹介します。

紫外線の種類・肌への影響について

紫外線には、大きく分けてUVA波・UVB波・UVC波の三種類が存在します。

このうち、UVC波はオゾン層で吸収されてしまうため、地上や我々の肌に到達することはありません。

我々の肌や美容に影響を及ぼす紫外線は、UVA波とUVB波の二種類です。

UVA波は、一般的に肌を赤くしたり、ヒリヒリとした炎症を引き起こしたりすることはありません。しかし、長期的にUVA波を浴びると、肌のシワやたるみの原因となりがちです。

一方のUVB波は、一般的に「日焼け」という単語にイメージされるような肌の炎症を引き起こします。

UVB波は肌のメラニンを増加させ、シミやそばかすの原因になるほか角質の保湿力を低下させます。

また、メラニンが増加した肌にはごわつき・かさつき・キメの乱れなどの変化が現れます。

注意したいのは、UVB波は一般的に晴れた日の屋外でなければ肌への影響がないのに対し、UVA波は雲や窓ガラスを突き破るという点。

そのため、曇りの日や屋内でも紫外線対策を行うことは美容的観点から大変重要です。

普段からの紫外線対策について

先にも述べた通り、屋外で過ごす日・屋内で過ごす日を問わず紫外線対策は重要です。

屋外

出典元:https://www.shutterstock.com/

屋外に出る場合の紫外線対策としては、日焼け止めが最も有効です。

日焼け止めに用いられている「PA」の数値はUVA波を防ぐ指数であり、「SPF」の数値はUVBを防ぐ指数です。

日常的な外出の場合はSPF10、PA+、レジャーの際にはSPF30、PA+++を用いるなど、日焼け止めの強さを外出の目的や外に出ている時間によって使い分けるのが理想的です

屋内

出典元:https://www.shutterstock.com/

屋内でも手軽にできるUVA対策としては、化粧下地などのコスメがおすすめです。

昨今売られている多くの化粧下地は、紫外線対策機能を持っているものが多くあります。

一日中家にいる場合でも、SPF10、PA+程度の指数のある化粧下地を選ぶことで、手間を増やさず紫外線対策を行うことができます。

その日自分が浴びる紫外線量を考えながら、負担にならない紫外線対策を行うことでUVケアを継続させ美しい肌を保ってください。

facebook
line
twitter

No image