MT美肌研究所がお届けするオンラインマガジン

脱毛の効果もUP!正しい全身ケアで魅せる肌に

脱毛と保湿の関係とは

出典:https://www.shutterstock.com

脱毛前後は肌の保湿が大切であることは、ご存知でしょうか。

基本知識として知っておきたいのは、脱毛施術そのものが大きなダメージを肌へ与えてしまうということです。

医療脱毛や美容脱毛など様々な脱毛施術がありますが、脱毛では光やレーザーを照射することで黒い毛に光が反応し、熱によって毛を生えにくくする仕組みとなっていることが多いです。
機械によって出力の高い光やレーザーを当てるケースも多く、肌が火傷を負ってしまうこともあるようです。

もちろんクリニックやサロンでは、肌のダメージをできるだけ軽減させるような対策を行いますが、肌がもともと乾燥してしまっていることでダメージを受けやすくなる場合もあります。

クリニックやサロンによっては、肌が乾燥している場合、施術を受け付けないというところもあります。行ったのに、施術を受けられなかった…ということにならないようにしっかり全身保湿ケアをしておくことをおすすめします。

また、肌が乾燥した状態では皮膚そのものが硬くなってしまいます。
このため、毛が抜けづらくなるなど脱毛施術の効果を左右する重要なポイントでもあるのです。

脱毛後もダメージを受けて弱ってしまった肌への刺激を最小限に抑えるために、保湿は大切です。
脱毛後の肌は痛みや赤み・かゆみなどのトラブルを起こしやすくなっているため、いつもよりも保湿ケアを意識しておきましょう。

正しい全身のスキンケア|保湿について

出典:https://www.shutterstock.com

脱毛前後の全身スキンケアとして、ここでは保湿を意識したケアを解説します。

フェイスケア

顔の産毛などを脱毛される方はフェイスケアもぬかりなく行いましょう。
顔の皮膚は、その他の部位と比較すると薄く、トラブルを起こしやすい傾向にあります。
常日頃のスキンケアとして化粧水や乳液はもちろんのこと、美容液なども活用すると良いでしょう。

フェイスケアとして、特にメイク前やお風呂上りに保湿を行うことが大切です。
メイク前の保湿ケアをしない方もいるようですが、外出をすることで肌は乾燥しやすい環境にさらされてしまいます。
肌の乾燥はメイク崩れの原因にも繋がるため、意識して取り入れましょう。

また、お風呂上りは肌の水分が急激に蒸発してしまい乾燥しやすい状況になっています。
できるだけ素早く保湿ケアを行うことが大切です。

ボディケア

全身脱毛を行う方は、細かいパーツも忘れずボディケアを行いましょう。
ボディケアに使用するのは、ボディクリームやボディローションなど全身用の保湿剤を活用します。
フェイスケアと同じようにお風呂上りのタイミングでケアを行いましょう。

特に紫外線の多い時期は全身に日焼け止めを塗っておくことも大切です。
日焼をすることで肌の水分が失われ乾燥肌の原因となってしまうためです。また、日焼けした肌には脱毛施術を行えないケースもありますので日焼け止めの塗布は忘れないようにしましょう。

デリケートゾーンケア

VIOなどのデリケートゾーンを脱毛する方も多いでしょう。
デリケートゾーンのケアはなかなか取り入れにくいかもしれません。

ですが、VIOなどのデリケートゾーンは皮膚が薄く、乾燥や肌トラブルを引き起こしやすい部分であるため、意識して保湿ケアを行いましょう。
VIOなどには、敏感肌用のローション・クリームなど低刺激性の保湿剤を利用しましょう。
VIO用のケア商品も様々販売されていますので、肌に合った商品を探してみるのもよいかもしれません。

お風呂上りは乾燥しやすいので、そのタイミングでケアしておくといいでしょう。

facebook
line
twitter

No image

  • 実年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは?
    実年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは?

    同じ年齢の人でも、若く見える人がいれば、逆に老けて見える人もいますよね。その違いはどこにあるのでしょうか。ここでは、若く見える人・老けて見える人のそれぞれの特徴を解説。老け顔になる原因や対策をご紹介していきます。

  • シミ取りレーザー治療後の鎮静ケアについて
    シミ取りレーザー治療後の鎮静ケアについて

    「シミ取りレーザー治療後のケアで注意すべきことはある?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。レーザー治療後に理想の肌へ近づくには、適切な鎮静ケアが鍵となります。レーザー治療後の肌状態や鎮静ケアのポイントについて詳しく解説します。

  • たるみ治療とホームケア
    たるみ治療とホームケア

    年齢を重ね、たるみが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、たるみの原因や代表的な種類、たるみに有効とされる美容医療やホームケアでたるみに対処する方法をご紹介します。

  • 年齢は首に出る?首ケアで気を付けたい2つのポイント
    年齢は首に出る?首ケアで気を付けたい2つのポイント

    肌年齢がもっとも如実に出るやすいとされている首について、なぜ首に年齢が出やすいのかの理由と正しいケアの方法を解説します。

  • アイケアについて
    アイケアについて

    目を酷使し続けることで、目元の筋肉が凝り固まり、アイトラブルを引き起こしてしまうことを知っていましたか? この記事では、アイケアを取り入れるべき理由や、毎日取り入れたいアイケア方法について詳しく解説します。

  • 生理周期に合わせた労わるケア
    生理周期に合わせた労わるケア

    女性は、生理周期によって体の調子が変わりやすいだけでなく、肌コンディションにも影響が起きることが多いですよね。ここでは、生理周期と肌状態の関係や、生理周期に合わせたスキンケアのポイントをご紹介していきます。

  • 初夏に気を付けたいスキンケアのポイント
    初夏に気を付けたいスキンケアのポイント

    トラブルが起きやすい初夏のスキンケアの具体的な方法をご紹介します。紫外線が対策だけでなく、洗顔や保湿にも気をつけて、美しい肌をキープしましょう。

  • 自分に合ったスキンケアのためのセルフ肌質診断
    自分に合ったスキンケアのためのセルフ肌質診断

    自分の肌質が乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌のどれに分類されるかを知るためのチェック法と、肌質にあったスキンケアをご紹介します。

  • 口元も老けて見える原因に!?
    口元も老けて見える原因に!?

    リップケアはできていますか?スキンケアをしっかりしていてもリップケアはあまりしていない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。老けて見える原因は、口元にもあります。どのような口元が老けて見えるのか、どのようにすれば改善できるのかご紹介します。

  • 正しいリップケアで乾燥知らずに!
    正しいリップケアで乾燥知らずに!

    唇は皮脂が分泌できず、乾燥しやすい部分です。また、摩擦にも弱い部分ですから、正しいケアが重要です。 正しいリップケアを知り、今日から実践してみましょう。