MT美肌研究所がお届けするオンラインマガジン

今年も続くマスク生活。日焼け対策のコツをおさらい

マスク焼けに注意しよう

出典:https://www.shutterstock.com

肌が紫外線によるダメージを受けることで、トラブルが生じてしまうことはご存知かと思います。夏場になると紫外線量が増えるため、日焼けトラブルに悩む方が増加する傾向にあります。

では、「マスク焼け」をご存知でしょうか?
マスク焼けとはマスクを装着することで、マスクをつけていない部分とマスクをつけている部分での日焼けの差が発生することを指します。
マスクを着用することがデフォルトとなった今、「マスク焼け」に悩む方が増えています。

また、「マスク越し焼け」といったトラブルに悩む方もいます。
マスクを装着していると、一見紫外線から肌が守られているように感じますが、市販の不織布マスクにはUV機能が備わっていないものが多いです。
マスク下の日焼け対策を怠ってしまうことで、マスク越しで肌が日焼けし、トラブルが生じることもあるので注意が必要です。

2020年以降のコロナ禍によって夏場もマスクを着用することが多いと思います。
「マスク焼け」「マスク越し焼け」などのマスクを装着することによる日焼けトラブルの対策を意識しておきましょう。

おすすめの日焼け止め

出典:https://www.shutterstock.com

日焼け対策として有効なのは、日焼け止めを塗布することです。
日焼け止めは様々なタイプや種類が販売されていますが、日焼け止め効果はもちろんのこと、テクスチャーや肌への優しさなどもチェックしておきましょう。

また、夏場は気温上昇が激しく、マスクの内側は高温多湿になっています。汗や湿気によって日焼け止めが落ちやすくなる傾向にあるので、汗に強い日焼け止めを選択すると良いでしょう。

ここでおすすめするのは、「MT プロテクトUVジェル」です。

MT プロテクトUVジェルは、みずみずしいジェルタイプの日焼け止めで、クリームのベタつきが苦手な方にもおすすめです。
また、汗や水にも強い日焼け止めとなっております。
SPF34・PA+++で肌の日焼けを防ぐことはもちろんですが、ビタミン成分を配合していることで紫外線による乾燥から肌を守る効果もあります。

マスク焼けに効果的な日焼け止めの塗り方

出典:https://www.shutterstock.com

マスク焼けや、マスク越し焼けを防ぐためには、日焼け止めの塗り方も重要です。
マスク焼けを防ぐ日焼け止めの塗り方のポイントを見ていきましょう。

1. 顔全体に塗り忘れを作らない

重要なのは、日焼け止めを顔全体に塗布することです。
前述したように、紫外線はマスクを透過することがあるため、マスクでおおわれる部分の肌にも塗り忘れがないよう注意しましょう。
また、塗り忘れを起こしやすい箇所として、耳や目の周辺なども意識して塗布することがおすすめです。

2. 摩擦部分は重ね塗り

マスクを装着することで肌との摩擦が生じてしまいます。
特に、マスクと肌の境目は摩擦が起こりやすいことから、日焼け止めが落ちやすくなってしまうのです。
日焼け止めをこまめに塗り足すことはもちろんですが、事前に落ちやすい部分に日焼け止めを重ね塗りしておくと良いでしょう。

3. 保湿を忘れない

肌が乾燥気味であると、肌のバリア機能が低下しダメージを受けやすくなってしまいます。つまり、肌が乾燥していることで日焼けの影響を受けやすくなってしまうのです。
メイク前の保湿はもちろんですが、保湿効果のある日焼け止めを選択するなどの工夫をすると良いでしょう。

facebook
line
twitter

No image

  • 肝斑と老人性色素斑の違いは?特徴や原因について
    肝斑と老人性色素斑の違いは?特徴や原因について

    鏡を見るたび気になるシミ。「もしかして肝斑かも」「普通のシミと肝斑の見分け方は?」とお悩みの方もいると思います。シミは種類によって適切な治療方法が異なるので、まずは自分のシミを理解しておく必要があります。本記事では肝斑と老人性色素斑の違いや特徴について詳しく解説します。

  • あなたの肌トラブルは「角質肥厚」のせいかも? 原因と対策は?
    あなたの肌トラブルは「角質肥厚」のせいかも? 原因と対策は?

    さまざまな肌トラブルを引き起こす「角質肥厚」について、角質肥厚になってしまう原因と、角質肥厚になってしまった場合の対策をご紹介します。

  • 老化の敵「糖化」について、メカニズムを詳しく解説
    老化の敵「糖化」について、メカニズムを詳しく解説

    身体の中で糖化が起こると肌のくすみやシミの原因になってしまいます。そんな糖化について、発生のメカニズムを詳しくご紹介します。

  • 30代ならではの肌の悩み|毛穴悩みの原因と対策
    30代ならではの肌の悩み|毛穴悩みの原因と対策

    年齢とともに変化していく肌悩み。今まで目立っていなかった肌の不調が表に現れやすくなる30代は、20代の頃とは肌が違うと感じている方も多いのではないでしょうか。そんな30代の肌悩み上位にランクインしているのが“毛穴”。解決の近道は自分の"毛穴タイプ"とその原因を知ることです。原因を理解し、適切な対処を行うことで毛穴レスな肌を目指しましょう。

  • 紫外線が引き起こすたるみのメカニズム
    紫外線が引き起こすたるみのメカニズム

    紫外線が引き起こす、たるみのメカニズムについてご紹介します。紫外線UVAとUVBの違いや、それらが肌に与える影響、そして紫外線の対策についてご紹介します。

  • 40代になったらまぶたがたるんだ! 原因は眼瞼下垂?
    40代になったらまぶたがたるんだ! 原因は眼瞼下垂?

    40代女性にとって大きな美容の敵である「まぶたのたるみ」について、たるみが起こる原因やたるみの対策法についてご紹介します。

  • 50〜60代ならではの肌の悩み|たるみ・シワの原因と対策
    50〜60代ならではの肌の悩み|たるみ・シワの原因と対策

    年齢とともに変化していく肌悩み。女性ホルモンの減少や身体機能の低下が訪れやすい50〜60代は、肌が今までと違う…と感じている方も多いのではないでしょうか。そんな50〜60代の肌悩み上位にランクインしているのが“たるみ・シワ”。進行すると実年齢より老けた印象になってしまうことも。原因を理解し、適切な対処を行うことでたるみやシワの改善を図りましょう。

  • 老け顔の原因のひとつは「アセチルコリン」の減少だった!?
    老け顔の原因のひとつは「アセチルコリン」の減少だった!?

    アセチルコリンの減少は、老け顔を引き起こしてしまう原因のひとつと言われています。アセチルコリンとはどんな物質なのか、詳しくご紹介します。

  • 部位ごとによる肌荒れ診断
    部位ごとによる肌荒れ診断

    気を付けていても、ある日突然肌が荒れてしまうことはありませんか?肌荒れが起こりやすい部位と言えば、おでこ・頬・口まわり。ここでは、部位ごとの肌荒れの原因や肌荒れに悩む人に役立つ情報をご紹介します。

  • シワ、くま、たるみ。目元の悩み別! 原因を徹底解説
    シワ、くま、たるみ。目元の悩み別! 原因を徹底解説

    女性が抱く目元の悩みの中でも特に多い「シワ」「くま(くすみ)」「たるみ」について、悩み別に原因と対処法について解説します。