MT美肌研究所がお届けするオンラインマガジン

マスク下のメイク崩れ防止策やお直し方法

2020年に勃発したコロナウイルス問題を経て、日本ではマスクを着用した日常生活が続いています。
コロナウイルスの感染対策として欠かせないマスクですが、マスク下のメイク崩れに悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。
マスク下のメイク崩れの原因は、マスクを装着していることによる蒸れや湿気、マスクと肌の摩擦、乾燥などが挙げられます。
事前の対策とメイク崩れしてしまった際のお直し方法についてみていきましょう。

マスクによるメイク崩れ防止策!

出典:https://www.shutterstock.com

マスク下のメイク崩れは、事前の予防策を講じることで防止することができます。

メイク前の保湿が重要

肌が乾燥してしまうことで、皮脂分泌が過剰となりメイク崩れを促進してしまう場合があります。そのため、メイク前には保湿を行うことが重要です。
スキンケアをしてからメイクをする際、余分な油分がメイクと混ざるとメイクがよれる原因にもなります。軽くティッシュで押さえ拭きしておくことがおすすめです。

また、紫外線による肌への刺激を防ぐためにも日焼け止めを塗布しましょう。
日焼け止めを使用する場合は油分の少ない、サラッと仕上がるものを使用すると化粧崩れを起こしにくいメイクを行うことが可能です。

ファンデーションの厚塗りは要注意

ファンデーションの厚塗りはメイク崩れを引き起こしやすくなります。
特にマスクの下では肌とマスクの摩擦が生じるため、ファンデーションを厚塗りすることでメイクのよれが生じやすくなってしまうのです。

ファンデーションは薄く均一に伸ばすことを心掛けましょう。

フェイスパウダーで仕上げる

最後にフェイスパウダーで仕上げることも、メイク崩れを防ぐ方法の1つです。
フェイスパウダーはできるだけ明るい色味、可能であればルースタイプのものを使用することがおすすめです。

フェイスパウダーは余分な油分を吸収してくれるので、肌のサラサラを長く保つことに繋がります。
マスクとの摩擦も生じにくくなるため、ぜひ利用してみてください。

マスク下のメイク崩れ直し

出典:https://www.shutterstock.com

外出先でマスク下のメイク崩れを素早くお直しする方法をご紹介します。

1. 皮脂や汗を、ティッシュなどで拭き取ります。
※この時、摩擦が生じないように軽く抑えるように拭き取りましょう。
スプレーミストを使うと肌へ潤いを与えることも可能です。

2. パフでファンデーションを均一にします。
マスク下の蒸れなどでファンデーションがよれてしまうことが多いため、パフなどでよれたファンデーションを均一にしましょう。

3. 化粧下地を塗布します。
化粧もちを良くするために、少量の化粧下地を塗布します。
マスクで取れてしまった日焼け止めをカバーするために、UVカット性能のある化粧下地を選択することがおすすめです。

4. フェイスパウダーでカバーをします。
最後にフェイスパウダーを軽く塗布していきます。
ファンデーションの厚塗りにならないように、明るい色味やルーセントタイプのものを選択することがおすすめです。
肌表面をサラサラに仕上げることで、マスクとの摩擦も防ぐことができますよ。

おすすめ化粧品:プロテクトUVシリーズ

MTメタトロンプロテクトUVシリーズは、日焼けを予防するだけでなくメイク崩れを予防することのできる化粧品です。
特に、落ちにくくよれにくいMT プロテクトUV ジェルや、滑らかな肌を演出するMT プロテクトUV ルースパウダーは、マスク下の化粧崩れを防ぐために役立ちます。

facebook
line
twitter

No image

  • 経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?
    経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?

    経皮吸収がどういったメカニズムで起こるのか、その方法について解説します。また、経皮吸収される条件についても説明します。

  • ブルーライトが肌のシワやシミ、くすみの原因に?
    ブルーライトが肌のシワやシミ、くすみの原因に?

    スマートフォンの光など、私たちが当たり前のように浴びているブルーライトは、肌トラブルを招く可能性があることをご存じですか?特に、肌のくすみ、シワ、シミが気になる方は要注意。ここでは、ブルーライトについて、肌に与える影響やおすすめのくすみケアをご紹介します。

  • 幸福ホルモン「セロトニン」とエイジングケアの関係
    幸福ホルモン「セロトニン」とエイジングケアの関係

    幸福ホルモン「セロトニン」。日常生活における様々な行動や習慣がセロトニンの分泌に関わり、美肌つくりにも影響します。ここでは、セロトニンとは何なのか、またエイジングケアとの関係についてご紹介します。

  • 髪型より髪質。つや髪を目指すには
    髪型より髪質。つや髪を目指すには

    つやのある髪の毛は、それだけで若々しい印象を与えます。パサつきやゴワつきの目立つ髪が気になり始めたら、ヘアケアを見直しましょう。ここでは、つや髪を叶えるヘアケア用品の選び方やドライヤーの効果的な使い方についてご紹介します。

  • 顔ダニについて
    顔ダニについて

    人の顔にもダニがいることをご存じでしょうか。顔ダニは、決して悪い存在ではなく、むしろ必要な存在です。しかし、顔ダニは増殖しすぎると肌トラブルを招く要因にもなるため、上手に付き合うことが大事です。 ここでは、顔ダニの役割や、バランスを崩さないための注意点をご紹介します。

  • 美容医療ってなに?施術内容や種類をご紹介
    美容医療ってなに?施術内容や種類をご紹介

    CMなどでも大々的に広告されている「美容医療」の内容とは一体のどのようなものなのでしょうか?医療機関で医師免許を持った医師が行うどのような施術を美容医療と呼ぶのかを、わかりやすく説明します。これから美容医療を本気で考えている人のためのバイブルになりますように!

  • 皮脂腺について
    皮脂腺について

    皮脂腺は、美肌を保つ上で欠かせない器官です。 皮脂腺から分泌される皮脂によって、私たちの肌は潤いを保ち、保護されています。その一方で、皮脂腺の影響で肌トラブルを招くこともあるため正しいケアが必要です。 ここでは、皮脂腺の働きや、肌トラブルとの関係についてご紹介します。

  • 抜け毛が気になる…頭皮のケアについて
    抜け毛が気になる…頭皮のケアについて

    年齢を重ね、抜け毛が気になっている人も多いのではないでしょうか。髪の毛は一定のサイクルで成長したり抜け落ちたりするものですが、段々と抜け毛が目立ち、薄毛を気にする方もいるようです。この記事では、抜け毛の原因となる毛周期の乱れや抜け毛の対策を解説します。

  • 健康と美容によい良質な油とその摂取量について
    健康と美容によい良質な油とその摂取量について

    健康と美容の維持のためには、良質な油が欠かせません。どのような油を摂ればよいのでしょうか。今回は、おすすめの栄養素を含む油と、効率の良い摂り方、そして摂取量についてご紹介します。

  • 化粧をしたまま眠ってしまった…肌にはどんな影響が出る?
    化粧をしたまま眠ってしまった…肌にはどんな影響が出る?

    化粧をしたまま眠ってしまった経験がある人は多いでしょう。長時間化粧をしていることで、肌に悪い影響を与えてしまうことがあります。この記事では、メイクをその日に落とすべき理由やポイントを詳しく解説していきます。