美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

夏の隠れ乾燥肌対策

夏の肌は、”乾燥とは無縁”と考えていませんか?
汗や皮脂、湿度の高さから肌がうるおっていると錯覚しがちですが、夏は紫外線やエアコンの空気により乾燥しがちな季節なのです。
他の季節同様、対策をすることで1年中肌を良い状態に保つことができますよ。
原因と、具体的な対策方法についてみていきましょう。

夏の隠れ乾燥肌とは

冬であれば空気が乾燥していて自分が乾燥肌になっていると気づく人も多いでしょう。
しかし、夏でも肌が乾燥しやすい季節なのです。

夏は汗をかきやすく皮脂も多めに出がちです。そのため乾燥していると感じず、うるおっているように思う人もいるでしょう。
しかし、紫外線やエアコンによる空気の乾燥などで、肌の水分量が不足してインナードライ肌になっている可能性もあります。
化粧水や乳液のなじみが悪かったり、ファンデーションのノリがイマイチ、さらに肌の表面が硬くなったように感じる場合には、隠れ乾燥肌になっているかもしれません。

隠れ乾燥対策①:紫外線カット

紫外線を浴びると、角質層のNMF(天然保湿因子)が減少し、細胞内の水分を保ちにくくなり、肌の水分の保持量が低下してしまいます。さらに、紫外線が肌細胞を傷つけ、ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能も落ちてしまい、乾燥を引き起こします。
日焼け止めを小まめに塗りなおすことや、帽子や日傘などを使用し、紫外線から肌を守ることで乾燥を防ぎましょう。

隠れ乾燥対策②:保湿

出典:https://www.shutterstock.com

汗や湿気で肌がベタベタしがちな夏は、表面上はうるおっているために保湿ケアを怠りがち。化粧水だけでスキンケアを済ませていませんか?
しかし、紫外線やエアコンの空気から肌の水分量が減っている可能性があります。しっかりとした保湿を夏でも行うことが大切です。

特に乳液は、時間が経ってもうるおいをキープしてくれるので保湿には必須のアイテムです。肌のべたつきが気になるのであれば、さっぱりタイプのものを選んで、乳液は冬と同じように適量を肌に与えてあげましょう。

出典:https://www.shutterstock.com

夏の隠れ乾燥肌についてご紹介しました。
べたつくのが嫌で、つい化粧水だけで済ませていると、乾燥をさらに進行させてしまいます。インナードライは、乾燥に気づきにくいため、夏もしっかりと保湿するようにしましょう。
また、日焼け止めは朝塗って終わりにするのではなく、小まめに塗りなおし、紫外線対策もしっかりと行うことで乾燥を防ぐことができますよ。

facebook
line
twitter

No image