美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

正しい日焼け止めの選び方

正しく日焼け止めを選ぶにはどのようにすればよいのでしょうか?SPFとPAの意味を解説します。また、肌への負担やシーンから適切に選ぶためのポイントやおすすめの日焼け止めもご紹介します。

日焼け止めのSPFとPAとは

日焼け止めのパッケージに記載されているSPFとPAの意味を理解していますか?これは日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標なのです。

紫外線にも種類があり、短時間で肌を赤くさせたり、色素沈着をさせるシミやそばかすの原因となるUVBを防ぐ効果指標はSPFで表示されます。1~50+の数値で、UVB波から受ける炎症をどれくらい防御できるか把握することができます。数値が高いほど防止効果が高く、50を超えるとSPF50+と表示されます。

またPAはUVAの防止効果の数値で、PAの後に続く4段階の+の数によって効果の高さを表しています。
PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある
肌の奥深くまで届き光老化を引き起こすUVAは、シワやたるみの原因になります。波長が長いため、曇りの日も紫外線を受けますし、室内にいても窓ガラスを通してしまいます。1年中紫外線対策が必要と考えておくとよいでしょう。

日焼け止めの選び方

出典:https://www.shutterstock.com

日焼け止めを選ぶときに、やみくもにSPFやPAの数値が高いものを選ぶのはNG。肌への負担や使うシーンを考え、上手に選びましょう。

肌への負担を考える

毎日日焼け止めを塗るのであれば、肌への負担を考えて選びましょう。SPFやPAの数値だけでなく、保湿力など美容成分にも注目して選ぶとよいでしょう。
また、香料や着色料が配合されていない肌に優しい日焼け止めを選ぶことで、肌を良い状態で保つことができますよ。

シーンに合わせる

夏の海やプールなど強い紫外線を受ける時には、SPF30、PA++以上の数値が高いものを小まめに塗りなおし、日焼けから肌を守りましょう。
屋外でもキャンプやバーベキューなど軽いレジャーであれば、SPF20~30、PA++やPA+++程度で紫外線から肌を守ることができます。

一方、買い物や通勤などの場合は、季節にもよりますがそれほど高い数値のものは必要ありません。SPF10~20、PA+やPA++程度のものを普段使いするとよいでしょう。
このように、シーンごとに日焼け止めを使い分けることも大切です。たっぷりとムラなく塗ること、そして小まめに塗りなおすことでお肌を紫外線から守りましょう。

おすすめの日焼け止め|メタトロン

ベタつき感がなく、軽いつけ心地のMTプロテクトUVジェルは、SPF34、PA+++でビタミンC誘導体やビタミンEを配合し、肌を紫外線だけでなく乾燥からも守ってくれます。
汗や水にも強いので、日常使いだけでなく、屋外でのレジャーでも活躍するでしょう。こまめな塗りなおしは、必ず行ってくださいね。

出典:https://www.shutterstock.com

日焼け止めについてご紹介しました。
SPFとPAの数値や、肌への負担、使うシーンを考えることで、日焼け止めを正しく選ぶことができます。季節やイベントに合わせ、日焼け止めを選びましょう。

facebook
line
twitter

No image