美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

初夏に気を付けたいスキンケアのポイント

夏に向けて気温がどんどん上がっていく季節…どのような対策をしていますか?
実は、初夏は日中と夜の寒暖差が大きく、新陳代謝も盛んになっていることもあり、肌にはなかなか過酷な環境なのです。

今回は、初夏のスキンケアについてご紹介します。
適切なスキンケアをすることで、肌に負担をかけることなく、美しい状態をキープしましょう!

初夏のスキンケア1 洗顔

出典:https://www.shutterstock.com

気温が上がっている影響を受け、汗をかく頻度も増えてくる季節です。
皮脂分泌も多くなり、肌が汚れやすくなりますから、次の様な丁寧な洗顔を心掛けてください。
朝は、寝汗を落とせるよう、ぬるま湯を使って優しく洗顔しましょう。
日中、皮脂や風の影響で汚れが付着しやすいですから、夜の洗顔は汚れ落としと考え、丹念に行います。メイクをした日は洗顔の前にクレンジングも行います。

また、メイクをしなかった日も、皮脂汚れが多くなっていますから、すすぎ残しがない様に洗顔しましょう。

初夏のスキンケア2 紫外線

1年のうち、紫外線量が多い季節に入っていく初夏ですが、肌はまだ紫外線に対して弱い状態です。
そのため、UVアイテムを使ってしっかりと肌を紫外線から守ってあげることが大切。
シミ・ソバカスを防ぐためのケアを念入りに行いましょう。
日焼け止めクリームはもちろん、帽子や日傘なども活用して。
暑くなる季節ですが、長袖を着用するのもよいでしょう。

初夏のスキンケア3 保湿

汗でべたつくから、Tゾーンがテカり、オイリー肌と勘違いをしてさっぱり系ばかりでケアしがちな初夏ですが、このようなケアを続けるとインナードライが進む可能性があります。
表面はオイリーでも、肌の内部は乾燥しているかもしれません。
季節的に、朝洗顔の後にUVカット入りの乳液などを活用するのもよいでしょう。
紫外線を浴び、肌のバランスが崩れやすくなりがちですから、乳液や美容液などを活用し、保湿を心掛けてください。

出典:https://www.shutterstock.com

初夏のスキンケアのポイント3つをご紹介しました。
どんどん気温も上がり、紫外線も強くなってきますが、肌はその準備ができていない状態です。
いつも通りのケアを続けるのではなく、季節を感じ取り、その時期に合うケアをするようにしましょう。
紫外線だけでなく、洗顔、保湿にも気を配り、季節の揺らぎに負けないようケアしてくださいね。

facebook
line
twitter

No image