美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

肌トラブル・ドライアイの人は要チェック。オフィスでできる乾燥対策。

美容に関心のある女性にとって「乾燥」は大敵です。

肌が乾燥すると、シワや粉ふき、テカリの原因になるほか、肌がよりダメージを受けやすい状態となるためシミや黒ずみも増えやすくなります。

自宅での乾燥対策に気を使っている女性は多くいますが、多くの人が集まるオフィスでは自分の肌のためだけに乾燥対策をするのは難しいといえます。

しかし、1日のうち3分の1以上の時間をオフィスで過ごす場合、オフィスにおける乾燥対策は大変重要です。

本記事では、オフィスでできる乾燥対策について詳しく解説していきます。

乾燥は美肌の最大の敵

出典元:https://www.shutterstock.com/

肌はしっかりと保湿しなければならない」とは一般的によく言われており、肌が乾燥するとかさつきや粉ふきなどの症状が現れるとされていますが、乾燥が肌にもたらす悪影響はこれだけではありません。

乾燥した肌は乾燥していない状態の肌よりもダメージを受けやすいため、ちょっとした摩擦によってメラニンが生成されやすくなっています。

メラニンが生成されると、シミや黒ずみの原因となるほか、肌が固くゴワつく傾向もみられます。

また、乾燥した肌は肌自身を守るためにより多くの皮脂を分泌します。

多くの皮脂が分泌されるとテカりや化粧の浮きにつながるほか、皮脂詰まりによるニキビやイチゴ鼻なども引き起こします。

こういったさまざまな肌トラブルを回避するためにも、乾燥対策は大変重要です。

乾燥対策におすすめの対策法

出典元:https://www.shutterstock.com/

以下では、オフィスでの乾燥対策におすすめの手段を6つご紹介します。

卓上加湿器をセット

オフィスに自分の机がある場合は、加湿器をセットしておくことが重要です。

家電量販店のほか、Amazonや楽天などの通販サイトでもさまざまな加湿器が販売されているため、自分の机のサイズに合わせて適切なサイズの加湿器を選ぶことができます。

化粧水ミストを有効活用

定期的に化粧水ミストを顔に振りかけると、保湿効果が期待できるだけでなくメイク崩れを防ぐこともできます。

水分補給

乾燥対策として、水分の経口摂取が有効であることはあまり知られていません。体を冷やさないために、常温またはぬるま湯を定期的に摂取する習慣をつけることをおすすめします。

カフェインや糖分の含まれていない飲み物を、一度に大量を飲むのではなく、1時間にコップ一杯程度こまめに摂取するのがおすすめです。

メイク直し

気が乾燥しているオフィスでは、皮脂が過剰に分泌されメイクの崩れが早くなりがちです。

乾燥しているオフィスでメイクを直す場合は、一度乳液で簡単にメイクを落としてからメイク直しをすることで厚塗りを防ぐことができるだけでなく、肌の保湿を同時に行うことが可能となります。

スキンケア

オフィスでの作業中や休憩時間を活用して、こまめなスキンケアをおこなうことも乾燥対策には有効です。

特におすすめなのは、ハンドクリームやバームを活用した保湿。これらの製品は小さなパッケージで販売されていることも多く、オフィスの机に置いてあっても作業の邪魔になることはありません。

好みの香りのハンドクリーム・保湿バームを活用することで、仕事のリフレッシュと乾燥対策を兼ねることにもなるでしょう。

マスク着用

マスクの着用は、喉の乾燥対策のみならず顔の乾燥を防ぐことにもつながります。

ただし注意したいのは、肌質によってはマスクを着用する刺激そのものが肌への悪影響となる場合があります。

長時間マスクを着用する場合は、素材が硬いもの、圧迫感のあるものを選ぶのは避け、肌に優しい低刺激のものを着用する必要があります。

ちょっとした工夫でオフィスの乾燥を撃退!

オフィスの空気の乾燥は乾燥肌を呼び起こし、乾燥した肌は外部からの刺激に弱くなりメラニンを生成しやすくなるため、乾燥はシワ・シミ・ごわつきなどの原因にもつながります。

オフィスの乾燥対策としては、加湿器の設置、ミスト化粧水の活用、こまめな水分補給、乳液を使ったメイク直し、ハンドクリームやバームを活用したスキンケア、マスクの着用をご紹介しました。

乾燥しがちなオフィスで美肌を保つためには、日々これらの対策を継続することが重要です。

一般的に乾燥は冬場に起こるものという印象が強いですが、オフィスでは一年を通じて強い暖房・冷房がかかっていることが多いため、冬以外の時期でも空気が乾燥しがちとされています。

季節を問わずこまめに乾燥対策を行うことで、潤いのある肌を保ち、シワ・シミ・ごわつきなど乾燥が原因で呼び起こされる肌トラブルを防ぐことが重要です。

facebook
line
twitter

No image

  • スキンケア化粧品の種類について
    スキンケア化粧品の種類について

    スキンケア化粧品がたくさんあって、どれをどの順番で使っていいか分からない方もいるでしょう。どんな用途でいつ使えばいいのかご紹介します。

  • 経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?
    経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?

    経皮吸収がどういったメカニズムで起こるのか、その方法について解説します。また、経皮吸収される条件についても説明します。

  • くすみをなくす食品の紹介
    くすみをなくす食品の紹介

    肌のくすみが気になる。スキンケアもしっかりしているのになぜ?と思うかもしれません。そのくすみ、外からではなく体の中から改善できるかもしれませんよ。今回はくすみをなくす効果が期待できる食品を紹介します。

  • 美肌をつくるためにはスキンケアの他に運動も大事!
    美肌をつくるためにはスキンケアの他に運動も大事!

    美肌になりたいのであれば、運動をしましょう。どうして運動と美肌が関係するのか解説します。また、簡単な運動や注意点も紹介します。

  • 老化=糖化。食事でアンチエイジングは可能?
    老化=糖化。食事でアンチエイジングは可能?

    エイジングと関連のある「糖化」について、食事との関係を解説するとともに、アンチエイジングにおすすめの食材・順番・時間をご紹介します。

  • 崩れにくい! マスクに負けないベースメイク
    崩れにくい! マスクに負けないベースメイク

    マスクを着用するとなぜベースメイクが崩れやすいのかを解説するとともに、崩れにくいベースメイクのポイントを3つご紹介します。

  • 肌が酸化する?それって怖くないですか??
    肌が酸化する?それって怖くないですか??

    体が酸化するということは、金属が錆びることと同じ意味です。その元凶となるのが活性酸素です。多くの背景にはストレスや不用に浴びすぎた紫外線などがあります。そして肌も酸化することを知っておいてください。紛れもなく肌の酸化は老化への第一歩なのです。

  • きれいな人は必ずやっている! 美肌をつくる小さな習慣
    きれいな人は必ずやっている! 美肌をつくる小さな習慣

    肌は体の一部ですから、健康的な生活を送ることが美肌づくりに大切なことです。美肌の人が実践している習慣とはどんなことなのかを見ていきましょう。

  • ゴロゴロしながらダイエット? 寝ながらできる引き締め方法3選
    ゴロゴロしながらダイエット? 寝ながらできる引き締め方法3選

    テレビを観ているときや寝る前など、横になった状態でもできる、引き締め効果のある筋トレ・ストレッチのやり方を3種類ご紹介します。

  • 健康と美肌に最適な睡眠時間と良質な睡眠を確保するには
    健康と美肌に最適な睡眠時間と良質な睡眠を確保するには

    睡眠と美肌は無関係ではありません。良い睡眠をとることで、皮膚のターンオーバーを促進し、シミ・シワの予防にも繋がります。良質な睡眠をとるためのコツについてご紹介します。