美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

美肌をつくる美容成分を知ってきれいになる!

化粧品は何からできている?

スキンケア化粧品は主に3つの成分がベースとなって作られています。
1水、アルコール、保湿剤のような「水(水性成分)」
2油やロウのような「油(油性成分)」
3「界面活性剤」

化粧水のほとんどは「水」

水に溶けやすい性質を持ちます。肌の角質層に潤いを与えて逃さないように保つ、肌をやわらかくする働きがあります。

化粧水のほとんどは水性成分で、エタノールのほか、グリセリン、コラーゲンといった保湿剤が含まれています。
収れん化粧水やふきとり用化粧水など使うとさっぱりとする化粧水には、揮発性の高いエタノールやアルコール分がやや多めに入っています。

蒸発を防ぎ、バリア機能を高めてくれる「油」

水に溶けない性質を持ちます。スキンケアでは基本的に肌の角質層に潤いを閉じ込めて、蒸発を防ぎ、バリア機能を高めます。

クレンジングオイルのほとんどは油性成分で、「ミネラルオイル」「エチルヘキサン酸セチル」などの成分が入っています。乳化するために界面活性剤を使用しています。

水と油を混ぜるための「界面活性剤」

水(水性成分)と油(油性成分)は混ざらないので、界面活性剤を入れて混ざり合うようにします。また、油汚れを水で落とすときに欠かせない成分となります。

表示で成分を確かめよう

出典://

出典元:https://www.shutterstock.com/

2001年から「全成分表示」が義務づけられているため、ボトルに貼られているラベルから製品の情報を読み取ることができます。

ただ、売れているようだから、CMでよく見るからではなく、しっかりとラベルを見ることが必要です。なぜなら美肌作りのポイントは、表示されている「成分」にあるからです。

化粧品は「シミ、ソバカスを防ぐ」「シワを予防する」「保湿する」「ニキビを抑える」といった目的ごとに分かれています。つまり、成分表を見れば、どのような効果があるかがはっきりするのです。「保湿」を選んだら、その期待にこたえる力を備えた基礎化粧品かどうかは、含まれている成分次第なのです。

この成分表を見て上手に活用することが、毎日のスキンケアを美肌へと変える最重要ポイントとなります。

では、実際にラベルを見てみましょう。
さまざまな成分名がずらりと並んでいますが、含有量の多いものから順に表示することが決められています。たいていは水から始まっていて、最後に香料と防腐剤が並んでいます。ただし、1%以下の成分は順不同です。

成分表示を確認するポイントは、化粧品かぶれが起きた人ほど要チェックです。かぶれたものと同じ成分が含まれていないかを必ずチェックするようにしましょう。

また、自分が目的とする成分が入っているかどうかもチェックしましょう。

知っておきたい成分表示1

出典://

出典元:https://www.shutterstock.com/

美白効果のある「ビタミンC」

ビタミンCといえば、ずばり美白効果です。しかし、抗酸化作用の高いビタミンC単体では壊れやすく、肌に浸透しにくいという性質を持ちます。そのため、アレンジされたビタミンC誘導体となって配合されています。「リン酸アスコルビルマグネシウム」「テトラへキシルデカン酸アスコルビル」などが代表です。

「アスコルビン酸」「L-アスコルビン酸」、または「○○アスコルビン酸」と記載されていたら、それは「ビタミンC」のことです。

また、水に溶けて、肌に浸透しやすく、肌に長時間とどまるように開発されたものが「水溶性ビタミンC誘導体」です。「APPS」または「アプレシエ」という名前が有名です。

知っておきたい成分表示2

出典://

出典元:https://www.shutterstock.com/

バリア機能を助けて潤いを保つ「セラミド」

肌のバリア成分「セラミド」は年齢とともに失われてしまうもの。不足してくるとバリア機能がうまく働かず、乾燥したり、外からの刺激に弱い肌になってしまいます。

保湿成分として用いられる「セラミド」は複数のタイプがあり、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド4、セラミド5、セラミド6、セラミド611、セラミド7などがあります。中でも体の中に存在するヒト型セラミドは、セラミド2、セラミド6、セラミド6Ⅱです。

また、誘導体タイプもあり、「スフインコ脂質」「ウマスフインコ脂質」のほか、動物の脳や脊髄から得られる動物性のセラミド類似物「セレプロシド」などがあります。

シワを目立たなくする「AHA(アルファヒドロキシ酸)」

グリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などフルーツ酸の総称で、アハと呼ぶこともあります。肌をなめらかにしてシワを目立たなくする効果が期待できます。

高い保湿力を持つ「コラーゲン」

肌のほとんどはコラーゲンでできています。分子が小さい加水分解コラーゲン、それよりやや分子が大きい水溶性コラーゲン、アレルギーの出にくいアテロコラーゲンの3つが主に使われています。

保湿性が高く、シミ、シワ、乾燥など、多くの肌トラブルに効果的に働きかけてくれます。

エイジングケアで有名な「ヒアルロン酸」

「ヒアルロン酸」はエイジングケアのための美容成分として有名です。通常化粧品には「ヒアルロン酸ナトリウム」として配合されていますが、水に溶けやすく、高い保湿力を持っています。


星の数ほどある基礎化粧品ですが、その中からどれを選ぶかで、美肌になるのか、そのままなのか、結果は大きく変わってきます。自分の目的に合った選び方が必要となるので、成分表示を見て選ぶことが必要です。

facebook
line
twitter

No image

  • きれいな人は必ずやっている! 美肌をつくる小さな習慣
    きれいな人は必ずやっている! 美肌をつくる小さな習慣

    肌は体の一部ですから、健康的な生活を送ることが美肌づくりに大切なことです。美肌の人が実践している習慣とはどんなことなのかを見ていきましょう。

  • 自分の肌質を知る! 肌タイプ解説と改善ポイント
    自分の肌質を知る! 肌タイプ解説と改善ポイント

    皮脂量と保湿能力のバランスで、肌質は4つのタイプに分けることができます。現在の自分の肌質を知り、肌に合ったスキンケアを行っていきましょう。

  • 乾燥肌を改善して悩み解決! 美肌になるスキンケア術
    乾燥肌を改善して悩み解決! 美肌になるスキンケア術

    乾燥してしまうのは加齢のせいだけではありません。体の中と外からケア全体を見直して、乾燥知らずの美肌に生まれ変わりましょう。

  • 正しくマスターする! 美肌のためのスキンケア術
    正しくマスターする! 美肌のためのスキンケア術

    メーキャップの土台を作る洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品を使い、美肌をつくるための効果的なお手入れ方法をみていきましょう。

  • 経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?
    経皮吸収とは? 化粧品で経皮吸収はする?

    経皮吸収がどういったメカニズムで起こるのか、その方法について解説します。また、経皮吸収される条件についても説明します。

  • お肌の糖化を予防するためには?糖化を防ぐ食べ物・食べ方を解説
    お肌の糖化を予防するためには?糖化を防ぐ食べ物・食べ方を解説

    肌のシミやくすみの原因である「糖化」。この記事では老化を招く原因である糖化を予防するための食べ物・成分についてご紹介します

  • 美肌のために美容医療ができることって?
    美肌のために美容医療ができることって?

    美しい肌は内面から改善させるものです。それでも美容医療を上手に利用して美肌を手に入れてみませんか?一概に美肌と言っても、いろんな方法があります。今回は美肌を手に入れるための代表的な施術をご紹介していきます。

  • 肌の老化を進行させる肌の糖化ってなに?
    肌の老化を進行させる肌の糖化ってなに?

    最近、肌に元気がなくなってきた・・そう感じている人の肌は「糖化」が進行しているのです。この肌の糖化というのは、肌老化の原因となります。普段から糖質を多く摂取しすぎる傾向ある人は要注意です。この肌の糖化の原因や対策についてまとめてみました。

  • 色だけでこんなに変わる! 肌の悩み別下地の使い分け法
    色だけでこんなに変わる! 肌の悩み別下地の使い分け法

    くま・くすみ・しみの肌の悩みに、どういった特徴を持つ化粧下地を使うべきなのか、化粧下地クリームでどのようにして肌の悩みを解決できるのかを解説します。

  • 糖質制限の味方? サプリとの上手な付き合い方
    糖質制限の味方? サプリとの上手な付き合い方

    糖質ケアをする上で手助けとなる糖質ケアサプリについて、なぜ効果があるのかの理由やサプリを飲むうえでの注意点をご紹介します。