美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

花粉症が乾燥肌を引き起こす? 肌トラブル予防法

花粉の季節に、肌トラブルに悩まされる女性は少なくありません。
なかには、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの花粉症らしい症状は出ないにもかかわらず、春先のみ肌が荒れるという女性もいます。今回は、花粉の季節になるとなぜ肌が荒れてしまうのか、その原因と対策について解説します。

花粉皮膚炎の症状

花粉が原因で起きる肌トラブルは「花粉皮膚炎」と呼ばれています。
花粉皮膚炎が発症する時期は主に2月から4月のスギ花粉の飛散量が多い時期です。
花粉皮膚炎が出やすい場所は、まぶたやほお骨、あご、首などが挙げられます。
これらの部位に乾燥・赤み・かゆみなどの症状が現れ、5月ごろには消えてしまうのが花粉皮膚炎の大きな特徴です。

花粉皮膚炎はどんな人がなる?

花粉皮膚炎は肌タイプにかかわらず発症しますが、特に敏感肌の方は肌の不調を感じやすいようです。
敏感肌は、肌表面の水分と油分のバランスが崩れ、バリア機能が低下している状態です。
バリア機能が低下している肌は、外部からの刺激を受けやすくなっているため、特に注意が必要です。
ただし、敏感肌以外の方も花粉皮膚炎にならないわけではありません。
乾燥しやすい冬の時期にスキンケアを怠るなどして肌が乾燥した状態で春先を迎えてしまうと、肌は外部からの刺激を受けやすく、春先に花粉皮膚炎を発症しやすいのです。

花粉皮膚炎を予防するために

花粉皮膚炎を予防するために重要なのは、肌に花粉を触れさせないことです。
肌に花粉を触れさせないためには、花粉をブロックすると同時に肌のバリア機能を高めておくことが重要です。外出時には肌をメガネやマスクなどで覆って直接肌に触れないようにするのが理想的です。
また、花粉の付いた髪の毛が顔に触れることで肌が荒れることもあります。外出時には髪をまとめて花粉が触れる面積を最小限にしたり、帽子をかぶったりすることをおすすめします。

肌のバリア機能を高めるためには、何と言っても保湿が重要です。
肌の水分と油分のバランスを整えるために、自分の肌質に合ったスキンケアを丁寧に行ってください。

花粉皮膚炎になってしまったら

花粉皮膚炎を発症してしまった場合には、丁寧な洗顔と保湿を行うことが重要です。
花粉を洗い流そうとして肌を強く擦ったり、洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを用いたりすると肌のバリア機能はかえって崩れてしまいます。
花粉皮膚炎の時期は、油脂タイプのクレンジングやミルククレンジングなどで丁寧にメイクを落とし、アミノ酸系の洗顔料やベビー用のボディーソープなど低刺激のものを洗顔料にすることをおすすめします。
また、熱すぎるお湯で洗顔を行うのもNG。
肌を保護するために必要な皮脂は熱に弱く、お湯で洗い流されてしまいます。
刺激の少ない洗顔料とぬるま湯を用いて、丁寧に洗顔を行うことが花粉皮膚炎対策のカギです。
洗顔後は可能な限り早めに保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことができます。

花粉から肌を守って楽しい春を

花粉皮膚炎は季節的な症状ではありますが、女性にとって肌荒れは短期的なものだとしても避けたいものです。

花粉皮膚炎を予防するためには、花粉から身を守りながら丁寧な保湿を行うことが重要です。
可能な限り花粉に肌を触れさせないことで、花粉皮膚炎を避けられる可能性は高くなります。
万が一花粉皮膚炎になってしまった場合でも、丁寧なスキンケアを継続すれば事態が悪化することはありません。花粉を感じたら普段よりもスキンケアに気を使うように心がけたいものです。

facebook
line
twitter

No image

  • 今年も続くマスク生活。日焼け対策のコツをおさらい
    今年も続くマスク生活。日焼け対策のコツをおさらい

    マスクを装着していると、マスクをつけている部分以外が日焼けをしてしまう「マスク焼け」や、紫外線がマスクを透過することによって生じる「マスク越し焼け」が起こるリスクがあります。日焼けトラブルを最小限に抑えるために、マスク生活を送るうえで重要な日焼け止めの塗り方や、おすすめの日焼け止めを解説しています。

  • 目元のたるみの原因と対策
    目元のたるみの原因と対策

    目元は、人の印象を決める大切な部分です。目元がたるんでしまうと、疲れた印象を与えるだけでなく、老けて見えてしまうこともあります。そこで今回は、目元がたるむ原因についてご紹介します。エクササイズやスキンケアでも対策できますので、ぜひ参考にしてください。

  • 夏に起こりやすい角質肥厚とは
    夏に起こりやすい角質肥厚とは

    夏に起こりやすい角質肥厚とはどのようなものでしょうか。紫外線や乾燥などによってターンオーバーが乱れることで起こります。今回は、角質肥厚の原因から、対策方法をご紹介します。

  • 顔筋の老化が原因!? マリオネットライン対策法
    顔筋の老化が原因!? マリオネットライン対策法

    マリオネットラインが出る原因である顔筋の老化について解説し、表情筋老化のチェックと老化対策のトレーニングを紹介します。

  • 乾燥で顔が粉ふき肌に! 原因と対策について
    乾燥で顔が粉ふき肌に! 原因と対策について

    白く粉をふいた肌は、見た目に表れるだけでなく、かゆみや痛みを伴うこともあります。 本記事ではなぜ粉ふき肌になってしまうのか、原因と対策をご紹介します。すぐにできることばかりですので、ぜひ実践してみてください。

  • 老化の敵「糖化」について、メカニズムを詳しく解説
    老化の敵「糖化」について、メカニズムを詳しく解説

    身体の中で糖化が起こると肌のくすみやシミの原因になってしまいます。そんな糖化について、発生のメカニズムを詳しくご紹介します。

  • 乱れる=早くなる? ターンオーバーの乱れが肌トラブルを引き起こす
    乱れる=早くなる? ターンオーバーの乱れが肌トラブルを引き起こす

    ターンオーバーの乱れによって引き起こされる肌トラブルについて、ターンオーバーが早くなった場合と遅くなった場合をそれぞれ解説します。

  • 口周りの黄ぐすみ…原因は何?対策も解説
    口周りの黄ぐすみ…原因は何?対策も解説

    口周りの黄ぐすみに悩んでいる方はいませんか。口周りの黄ぐすみは、日常的な肌への刺激や食生活をはじめとした生活習慣が原因です。そのまま放っておくと黄ぐすみが定着してしまうので、適切な対策を取り入れると良いでしょう。この記事では、口周りの黄ぐすみの原因や対策を詳しく解説します。

  • 春のゆらぎ肌とは?原因と対策
    春のゆらぎ肌とは?原因と対策

    春になると、なぜか肌が荒れてしまうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。空気の乾燥や花粉など外的刺激が増加することで肌がトラブルを受けやすい「ゆらぎ肌」になっているかもしれません。この記事では、春に多い「ゆらぎ肌」の原因や対策を詳しく見ていきましょう。

  • ニキビ跡のタイプ別対処法
    ニキビ跡のタイプ別対処法

    ニキビ跡には、赤みや色素沈着、クレーターなどがあります。どのように対処すればよいのでしょうか。今回は、それぞれのタイプ別対処法をご紹介します。