美しさをレベルアップするためのオンラインマガジン

日々の何気ない不調…足りてないのはミネラルだった

「病院に行くほどの不調ではないけれど、なんとなく体調がすぐれない」というちょっとした不調を抱えがちな女性は少なくありません。
不調の原因はさまざまですが、ミネラル不足が原因で体調不良を起こしている場合も少なくありません。

ミネラルが身体に果たす役割

ミネラルとは無機質を指し、身体に必要な栄養素の一種です。
代表的なミネラルは、「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「リン」「鉄」「亜鉛」「銅」「マンガン」などが挙げられます。
ミネラルが身体に果たす役割はそれぞれ違います。

例えば、カリウムは体内の血圧を正常に整える働きや、心筋収縮の調整といった働きがあり、カルシウムは多くの方が知っているとおり骨や歯の材料となります。
鉄は血液中のヘモグロビンの成分となります。ヘモグロビンは血液中の酸素と結びつくことで全身の末端まで酸素を運びます。
また、亜鉛は味覚を正常に保つ働きをしたり、皮膚や粘膜の健康維持を助けたりする機能があります。

ミネラル不足で起こる症状

先にご紹介したミネラルが、具体的に体内でどのような役割を果たすのかについては先にご紹介した通りです。
続いて、これらのミネラルが不足した場合に身体に起こる症状について解説します。
カリウムが不足した場合、脱力感や疲労感、高血圧といった症状が出ます。
カルシウムが不足すると、骨の発達が悪くなります。また、カルシムは筋肉や神経、心臓が正常に機能するためにも用いられているため、これらの機能不全が起こる場合もあります。
鉄が不足すると貧血になる可能性が高まります。
亜鉛が不足すると、味覚・聴覚・嗅覚が鈍化したり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりするなどの症状が現れます。

食事・サプリメントでミネラルを補給

ミネラルは体内で作り出すことができないため、食べものやサプリメントで摂取することが必要です。
カリウムは、昆布やヒジキ、ナッツ類、緑黄色野菜に豊富に含まれています。
カルシウムは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品は勿論、小魚類やヒジキ、ほうれん草、ナッツ類に豊富に含まれています。
鉄は、レバーやハツなど肉の内臓のほか、緑黄色野菜、ヒジキ、卵黄などに豊富に含まれています。
亜鉛は、カキ、牛肉、卵のほか、亜鉛に豊富に含まれています。
すでに述べた通り、ナッツ類やヒジキ、ほうれん草などの緑黄色野菜には複数種類のミネラル含まれています。
総合的にミネラルを摂取したい場合には、特にこれらの食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。

ミネラルを補給して健康的な日々を

ミネラルが身体に及ぼす影響や、ミネラルが不足した際に起こる身体の不調についてご紹介しました。
ミネラルはそれぞれの成分が身体にさまざまな影響を及ぼしています。
例えばカリウムの不足は脱力感、疲労感、高血圧などの症状を引き起こします。
特に原因が思い当たらないにかかわらず、連日なんとなく疲れた感覚がする、身体に力が入らないなどの症状がある場合、体内でカリウムが不足している可能性も考えられます。
このように、ミネラルの不足は日々の何気ない不調に繋がる可能性があり、それを防ぐためにはミネラルを定期的に摂取する必要があります。
サプリメントや、ナッツ類・ヒジキ・ほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に摂取することで、日頃からミネラルを十分に摂取すれば、不調のない日々を目指すことができます。
原因不明の体調不良の予防・対策に、この記事をぜひ参考にしてみてください。

facebook
line
twitter

No image

  • カルノシンって何? 糖化と酸化を防止するスーパー成分!
    カルノシンって何? 糖化と酸化を防止するスーパー成分!

    糖化防止・酸化防止作用のあるカルノシンについての説明と、カルノシンを有効に摂取する方法、摂取する際の注意点を説明します。

  • 植物幹細胞は肌年齢の若返りに効く?その役割と美容効果とは
    植物幹細胞は肌年齢の若返りに効く?その役割と美容効果とは

    近年、肌年齢の若返りに効果があるとして注目を集めている「植物幹細胞」配合のコスメ。その美容効果と特長について詳しく紹介します。

  • 掃除や疲労回復だけじゃない! クエン酸の抗酸化作用
    掃除や疲労回復だけじゃない! クエン酸の抗酸化作用

    一般的には疲労回復機能が有名なクエン酸の美容効果である、抗酸化作用について解説するとともに、クエン酸の効果的な取り入れ方をご紹介します。

  • 肌のハリと弾力を取り戻す効果的な美容成分と食べ物
    肌のハリと弾力を取り戻す効果的な美容成分と食べ物

    肌のハリと弾力がなくなってきた…と感じている方も多いのではないでしょうか。肌のハリと弾力を取り戻す効果的な美容成分を理解し、スキンケア化粧品を見直してみてはいかがでしょうか。外側からだけでなく食べ物からもアプローチが大切です。

  • 「パンテノール」はプロビタミンB5。化粧品として期待できる効果と安全性は?
    「パンテノール」はプロビタミンB5。化粧品として期待できる効果と安全性は?

    身近な製品に使用されているパンテノールは、肌を若々しく保つ作用が期待できる成分です。そんなパンテノールについて、詳しくご紹介します。

  • リフトアップが期待できる「DMAE」ってどんな成分?
    リフトアップが期待できる「DMAE」ってどんな成分?

    「年々、顔のたるみが気になりはじめた…。」そんな方におすすめなのがDMAEです。ここではリフトアップ効果のあるDMAEについてご紹介します。

  • 誘導体って何?②ビタミンE誘導体
    誘導体って何?②ビタミンE誘導体

    ビタミンEそのものの特徴や効果について解説するとともに、ビタミンE誘導体の効果、ビタミンEの有効な使い方についてもご紹介します。

  • 花粉症の時期のスキンケアについて
    花粉症の時期のスキンケアについて

    春先にピークがくるスギやヒノキの花粉で、目のかゆみやくしゃみなどに悩まされる方も多いでしょう。特に、花粉症の時期に注意しておきたいのが肌のトラブルです。花粉症がない方でも、肌に花粉が付着することで、肌トラブルを生じる場合があります。この記事では、花粉症の時期に意識したい肌トラブルについて解説します。

  • 乳液とクリームはどう違う? 使い分け法を伝授
    乳液とクリームはどう違う? 使い分け法を伝授

    似た機能を持つスキンケアアイテムである「乳液」と「クリーム」について、それぞれの違いを解説するとともに、肌質別の使い分け法をご紹介します。

  • 「シソ葉エキス」とは?成分効果や安全性を解説
    「シソ葉エキス」とは?成分効果や安全性を解説

    スキンケアアイテムにも使用され、今注目の成分である「シソ葉エキス」。この成分にはどんな美容効果があるのか、また気になる安全性についても解説します。